ウォーターケアとドライケアの違いは?

ウォーターケア:
基本のネイルケア

 

ドライケア:
時短ネイルケアとも呼ばれ
ジェルなどを施す為の下処理
(プレパレーション)

 

 

詳しく説明♪

 

ウォーターケアとは

 

 

暖かいお湯に指先を浸し、
不要な角質部分を柔らかくし
爪、爪裏、甘皮、角質、
ささくれ、ザラつき、ダストなど
爪指先の隅々まで綺麗にお手入れをします。

 

 

ヘアに例えるならば、
毛穴の汚れまでスッキリ綺麗になる
スカルプケアとヘアトリートメント
のような感じです。

 

 

ウォーターケアをすると…

 


①見た目がとても若々しく
美しくなります!

 


➁つるつる、スベスベ♪
素っぴんネイル美人♪

 

 

➂指先が日常で使いやすくなります。

 

 

④爪の成長が促進され
 健康的な爪が生えてきます。
※健康的な爪に生え替わっていきます。

 

 

⑤ネイルベット(爪のピンクの部分)
大きくなり整います。

 

 

⑥イエローライン
(ネイルベットと伸びてきた部分の境目のライン)
綺麗アーチ状に整っていきます。

 

 

⑦割れる、折れる、縦線、横線が
改善されます。

 

 

⑧ネイルオイルや美容液、
クリームなどの浸透が良くなります。

 

 

⑨カラーやアートの持ちが良くなり
仕上がりがとてもキレイ!
特にキューティクルライン

 

 

⑩ジェルネイルをいつでも外せる
康的な爪をキープできます。

 

 

 

詳しく説明♪



ドライケアとは

 

 

お湯を使わずに
ジェルネイルをなどを装着する為に
不要な部分を取り除く
下処理。

 

 

ソフトジェルネイルが普及し
ドライケアというカテゴリーができました。
私がネイルを初めた90年代では
下処理はプレパレーションでした~

 

 

ドライケアでは
ウォーターケアのような
上記効果はありません。

 

自爪のお悩みはほぼウォーターケア
改善されることが多い為、
コンプレックス解消や
何か気になる部分がある場合には

とてもオススメです。

 

 

また甘皮多い方
ウォーターケアをされたことがない方
違いを必ず実感していただけますので、
是非一度お試しくださいませ♪

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA